系列位置効果

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

系列位置効果とは?

系列位置効果(serial position effect)は、情報の提示順序が記憶や認識に与える影響を指す心理学的な現象です。系列位置効果によれば、情報が一連のリストやシーケンスとして提示される場合、情報の位置が記憶や認識に及ぼす影響が異なることが観察されます。

系列位置効果は、一般的に以下の2つの効果に分けられます:

主要効果(primacy effect): 主要効果は、情報の提示順序において初めの情報がよりよく記憶されるという効果です。初めの情報は他の情報に比べて注意が集中し、より長期記憶に定着しやすいと考えられています。この効果は、時間的に先行する情報がリストの最初に現れる場合により顕著に現れます。

最新効果(recency effect): 最新効果は、情報の提示順序において最後の情報がよりよく記憶されるという効果です。最後の情報は、直近の出来事として記憶に鮮明に残りやすく、短期記憶によりアクセスしやすいと考えられています。この効果は、時間的に直後に出現する情報がリストの最後に現れる場合により顕著に現れます。

主要効果と最新効果は、情報の提示順序が記憶のさまざまな段階(長期記憶と短期記憶)に影響を与えることを示しています。主要効果は長期記憶における処理の過程に関連し、最新効果は短期記憶における処理の過程に関連しています。

系列位置効果は、学習や記憶の理解において重要な要素であり、教育や広告、プレゼンテーションなどのコミュニケーションにも応用されます。情報の順序や配置を工夫することで、情報の記憶や認識を最大限に活用することができます。

https://jetb.co.jp/12252

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です