「要は」が口癖の人の心理

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

「要は」が口癖の人の心理は、大きく分けて以下の2つに分けられます。

  • 話をまとめたい
    「要は」は、長々とした話を簡潔にまとめるために使う言葉です。そのため、話をまとめたい、要点を理解してもらいたいという心理が働いています。

  • 自分の意見を押し付けたい
    「要は」は、相手の意見を否定したり、自分の意見を押し付けたりするときにも使われる言葉です。そのため、自分の意見が正しいと信じており、それを周囲に理解してもらいたいという心理が働いています。

具体的には、以下のような心理が考えられます。

  • 自信がある
    「要は」と言う人は、自分の意見や考えに自信を持っているため、それを簡潔に伝えるために「要は」を使う傾向があります。

  • リーダー気質
    「要は」は、その場を仕切ったり、まとめたりするときにも使われる言葉です。そのため、リーダー気質があり、周囲をまとめたいという心理が働いています。

  • 上から目線
    「要は」は、上から目線で物事を語るときにも使われる言葉です。そのため、自分の意見や考えを周囲に押し付けたいという心理が働いています。

ただし、口癖は本人の意図とは関係なく、無意識のうちに使っている場合もあります。そのため、口癖だけでその人の性格や心理を判断するのは危険です。

「要は」が口癖になっている人は、以下のようなことに気をつけましょう。

  • 頻繁に使わないようにする
    「要は」を頻繁に使うことで、上から目線で物事を語っているように見えてしまいます。そのため、1つの話に1回程度に抑えるようにしましょう。

  • 相手の意見を尊重する
    「要は」は、相手の意見を否定したり、押し付けたりするときにも使われる言葉です。そのため、相手の意見を尊重し、自分の意見を主張するときは、丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

口癖を直すのは簡単ではありませんが、少しずつ意識することで改善することができます。

参考URL:
「要は」が口癖で頻繁に乱用する人の特徴

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5