文脈効果とは、ある情報の前後の状況やつながりによって、その意味合いが変化してしまう現象のこと

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

文脈効果とは、ある情報の前後の状況やつながりによって、その意味合いが変化してしまう現象のことをさします。

例えば、以下の2つの文章を比べてみましょう。

  • 文章1:
    彼は、いつも笑顔で明るく、誰からも好かれる人だった。

  • 文章2:
    彼は、いつも笑顔で明るく、何かを企んでいるような人だった。

どちらの文章も、同じ「笑顔」という言葉が使われています。しかし、文章1では「明るく、誰からも好かれる人」という文脈で使われているので、ポジティブな印象を与えます。一方、文章2では「何かを企んでいるような人」という文脈で使われているので、ネガティブな印象を与えます。

このように、同じ情報でも、文脈によってその意味合いが大きく変わってしまうことがあります。

文脈効果は、マーケティングや営業などの場面で活用されています。例えば、商品やサービスの広告では、商品やサービスの魅力的な部分を、ポジティブな文脈で訴求することで、消費者の印象に残りやすくします。また、営業では、相手に対して好印象を与えるために、ポジティブな文脈でのコミュニケーションを心がけることが重要です。

一方で、文脈効果は、誤った情報や偏った情報によって、間違った印象を与えてしまう可能性もあります。そのため、文脈効果を活用する際には、注意が必要です。

文脈効果を活用する際のポイントは、以下のとおりです。

  • 対象となる情報と、その文脈を明確にする
  • 対象となる情報の意味合いが、文脈によってどのように変化するかを理解する
  • 対象となる情報を、適切な文脈で訴求する

これらのポイントを押さえて、文脈効果を効果的に活用しましょう。

参考URL:
波及三原則「シャワー効果・噴水効果・散水効果」をマーケティングに活かす方法を徹底解説|経営者の集客術