主張的セルフ・ハンディキャッピング

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

主張的セルフ・ハンディキャッピングとは、自分が困難な課題に直面していると知っている周囲の人に向けて、言葉で言い訳をするような場合です。たとえば、「あまり勉強ができなくて」「体調が悪くて」「自信がぜんぜんなかったから」などと周りの人に言いふらして、達成できなかったのは自分のせいではないと主張します。

主張的セルフ・ハンディキャッピングをする人は、自分の失敗を外的条件に求め、成功を内的条件に求めたいと考えているのです。つまり、失敗したときには、自分の能力や努力の問題ではなく、外的要因のせいにすることで、自尊心や自信を守りたいと考えています。また、成功したときには、自分の能力や努力のおかげだとアピールすることで、周囲から高い評価を得たいと考えているのです。

主張的セルフ・ハンディキャッピングは、以下のような場合に見られます。

テストや試合などの重要な場面で
昇進や昇格などの競争が激しい場面で
自分にとってチャレンジングな課題に取り組む場面で
主張的セルフ・ハンディキャッピングには、以下のようなデメリットがあります。

自分の能力や努力を過小評価することにつながる
成長や向上を妨げる可能性がある
周囲からの信頼を損なう可能性がある
主張的セルフ・ハンディキャッピングを克服するためには、以下のことに気をつけることが大切です。

失敗を恐れずに、チャレンジする姿勢を大切にする
自分の能力や努力を信じる
周囲の評価に振り回されないようにする
また、主張的セルフ・ハンディキャッピングをしてしまう原因を理解することも重要です。例えば、自己肯定感が低い、失敗に対する不安が強い、などといった原因がある場合、それらの原因を克服するための努力をすることも大切です。

https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/2023060700002-spnavido