ジャムの法則

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ジャムの法則とは?

ジャムの法則(ジャムのほうそく)は、通信工学における原則の一つです。この法則は、通信回線やネットワークにおいて、データの伝送速度が限られた帯域幅に比例して増加することを指摘しています。

具体的には、ジャムの法則は、データ通信における帯域幅(通信回線の伝送容量)と、その回線を利用するユーザー数(トラフィック量)との関係を表現しています。法則は以下のように述べられます。

「ユーザー数が帯域幅を超えると、通信の品質は急激に低下する。」

つまり、帯域幅が一定である場合、ユーザー数が増えると、データの伝送速度や品質が低下する傾向があるということです。この法則は、特にインターネットやモバイル通信など、共有の通信インフラを利用する場合に重要な考え方となります。

ジャムの法則を解決するためには、帯域幅の拡張や効率的な通信プロトコルの開発などが行われます。また、最近では、クラウドコンピューティングやキャッシュサーバーの活用など、負荷分散やユーザー体験の向上を図る技術も進化しています。

https://seeds-create.co.jp/column/jam-study/