双曲割引理論

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

双曲割引理論とは?

双曲割引理論(そうきょくわりびきりろん)は、経済学や行動経済学の分野で用いられる概念です。この理論は、人々が未来の報酬や利益を評価する際に、時間の経過に伴って割引率が非対称的に変化することを説明します。

通常、古典的な割引理論では、人々は時間の経過に伴って報酬や利益の価値を指数関数的に割引するとされています。つまり、未来の報酬は現在の報酬に比べてより少ない価値を持つと考えられます。しかし、双曲割引理論では、割引率が非対称的に変化することが示唆されます。

双曲割引理論によれば、人々は未来の報酬に対して現在よりも強い割引率を適用し、より即時的な報酬を選好する傾向があるとされます。つまり、未来の報酬が遠い将来にあるほど、その価値を低く評価する傾向があるということです。しかし、未来が現在に近づくにつれて、割引率が急速に減少し、未来の報酬の価値が増えると考えられます。

この双曲割引理論の概念は、人々の時間選好や意思決定に影響を与える要素を説明するために使用されます。例えば、即時的な快楽や報酬を選好するために、長期的な利益や目標を犠牲にする傾向があるとされます。また、将来の自己への投資や節約の難しさも双曲割引理論に関連付けられます。

双曲割引理論は、経済学や行動経済学の研究において、消費者行動や投資行動、貯蓄行動などの理解に役立つ概念として応用されています。

https://at-jinji.jp/blog/20443/