ペーシング

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ペーシングとは?

ペーシング(Pacing)は、さまざまな文脈で使用される言葉であり、以下のような意味を持ちます:

スポーツや競技におけるペーシング:スポーツや競技においては、ペーシングは自分のエネルギー管理や戦略的な速度調整のことを指します。例えば、ランニングやサイクリングのレースにおいては、適切なペーシングを行うことで、最適なタイムやパフォーマンスを達成することができます。過度なスピードでスタートしたり、エネルギーを使い果たしたりせずに、レース全体を通じて一定のペースを保つことが重要です。

学習やトレーニングのペーシング:学習やトレーニングにおいては、ペーシングは効果的な進行管理や時間配分のことを指します。例えば、学習計画を立てる際には、適切なペーシングを考慮して、タスクや勉強時間を適度に区切り、継続的な進捗を確保することが重要です。また、トレーニングプログラムにおいても、適切なペーシングを設定し、過度の負荷や疲労を回避しながら目標を達成することが求められます。

コミュニケーションやプレゼンテーションのペーシング:コミュニケーションやプレゼンテーションにおいては、ペーシングは話のリズムやテンポの調整を指します。適切なペーシングにより、情報の伝達効果や聴衆の関与度が向上し、効果的なコミュニケーションが可能となります。ペーシングの要素には、話す速度やポーズの使い方、情報の段階的な提供などが含まれます。

これらの文脈でのペーシングは、タイミングやバランスの取れた進行管理や調整を意味し、効果的なパフォーマンスやコミュニケーションの実現に重要な役割を果たします。

https://www.insource.co.jp/keywords/pacing.html

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5