外向性

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

外向性とは、興味や関心が外界に向けられ、刺激に敏感に反応し、決断が速く、行動的で社交的な性格特性です。⇔内向性。

外向性が高い人は、以下のような特徴があります。

社交的で話好き
アクティブで冒険心がある
刺激を求める
大勢の人と接することが好き
自己主張が強い
野心的
新しいことに挑戦するのが好き
外向性が高い人は、人前で話すことや、新しい人と出会うことが得意です。また、リーダーシップを発揮したり、積極的に行動したりすることが得意です。一方で、一人で過ごす時間が長いと、退屈や孤独を感じてしまうこともあります。

外向性は、性格の5つの要素を表すビッグファイブ理論の1つです。ビッグファイブ理論では、外向性のほかに、開放性、誠実性、協調性、神経症傾向の5つの要素が、人間の性格を特徴づけるものとして挙げられています。

外向性は、生まれつきの性格特性であると考えられていますが、環境の影響によっても変化する可能性があります。例えば、幼少期に多くの人と接する機会があった人は、外向性が高い傾向があると言われています。

外向性は、仕事や人間関係、人生の成功に影響を与える可能性があります。外向性が高い人は、社交的で積極的な性格のため、仕事や人間関係で成功しやすい傾向があります。また、リーダーシップを発揮したり、新しいことに挑戦したりすることが得意なため、人生の成功にもつながりやすいと考えられます。

https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E5%A4%96%E5%90%91%E6%80%A7/

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5