主観的輪郭

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

主観的輪郭とは、輪郭線に沿った輝度や色の変化が存在しないにも拘らず、輪郭線が知覚される錯視のことである。主観的輪郭を発見したのはFriedrich Schumannであるとされる。

主観的輪郭の古典的な例は、カニッツァの三角形である。この錯視図形では、白を背景として3つの黒いパックマンがあり、パックマンの口を内側に向けている。この図形では、3つの黒い円盤と三角形の輪郭の上に、白い三角形があるように見えるだろう。

主観的輪郭の原因は、まだ完全には解明されていないが、以下の3つの要因が関係していると考えられている。

側抑制:視覚系には、近くにある視覚情報を抑制する側抑制というメカニズムがある。主観的輪郭では、3つの黒い円盤が近くにあるため、その周囲の視覚情報が抑制され、白い三角形の輪郭が浮かび上がると考えられている。
完結性:人間の脳は、不完全な情報でも、全体として意味のある形を認識する傾向がある。主観的輪郭では、3つの黒い円盤の形状と配置から、三角形の輪郭が存在すると脳が判断し、実際には存在しない輪郭を補完して認識すると考えられている。
認知:主観的輪廓は、知覚や認知の働きによっても説明される。人間の脳は、視覚情報をもとに、現実世界を理解しようとする。主観的輪廓では、白地に黒い円盤が配置されていることから、それらを三角形の枠と認識し、実際には存在しない輪廓を補完して認識すると考えられている。
主観的輪郭は、私たちの視覚や認知の働きを理解するために重要な役割を果たしている。また、アートやデザインなど、さまざまな分野で応用されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E8%A6%B3%E7%9A%84%E8%BC%AA%E9%83%AD