希望的観測とは、事実や根拠のないまま、自分の希望や願望に基づいて物事を判断すること

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

希望的観測とは、事実や根拠のないまま、自分の希望や願望に基づいて物事を判断することです。

具体的には、以下のような判断が希望的観測にあたります。

  • テストで悪い点を取るかもしれないという不安を払拭するために、テストが簡単だと信じ込む
  • 好きな人が自分を好きだと思ってもらいたいために、自分が好かれる理由を勝手に思い込む
  • 事業が成功するかどうかわからないけれど、なんとかなるだろうと楽観的に考える

希望的観測は、ポジティブ思考の一種として捉えられることもあります。しかし、希望的観測に基づいた判断は、必ずしも現実に即したものとは限りません。

例えば、テストで悪い点を取るかもしれないという不安を払拭するために、テストが簡単だと信じ込むと、テスト勉強を怠ってしまい、実際に悪い点を取ってしまう可能性があります。

また、好きな人が自分を好きだと思ってもらいたいために、自分が好かれる理由を勝手に思い込むと、相手の気持ちを誤解して、関係がうまくいかなくなる可能性があります。

事業が成功するかどうかわからないけれど、なんとかなるだろうと楽観的に考えると、準備不足で失敗する可能性もあります。

このように、希望的観測は、時にはマイナスに働くこともあるため、注意が必要です。

希望的観測に陥らないためには、以下のことに気をつけましょう。

  • 事実や根拠に基づいて判断する
  • 可能性と確率を正しく理解する
  • リスクを想定しておく

また、希望的観測に陥りやすい状況には、以下のようなものがあります。

  • 不安や恐怖を感じているとき
  • 自分の能力や地位に自信がないとき
  • 失敗を恐れているとき

このような状況で判断を下すときは、特に注意が必要です。

希望的観測は、ポジティブ思考の一種として捉えられることもありますが、現実に即したものとは限りません。希望的観測に陥らないためには、事実や根拠に基づいて判断し、リスクを想定しておくことが大切です。

参考URL:
希望的観測 - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5