アイソレーション効果

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

アイソレーション効果とは?

アイソレーション効果(Isolation Effect)は、認知心理学の領域で用いられる概念です。この効果は、複数の選択肢や情報の中から、他とは異なる特徴を持つ選択肢や情報が注目されやすい傾向を指します。

具体的には、アイソレーション効果は以下のような特徴を持ちます:

特徴の選択: 複数の選択肢や情報がある場合、特定の要素や特徴が他と異なる選択肢が注目されやすくなります。これは、他の選択肢と比較して目立つ特徴を持つ選択肢が、認知上の注意を引きやすいという現象です。

評価への影響: アイソレーション効果により、注目される選択肢は評価が高まり、他の選択肢と比較して好意的に評価される傾向があります。つまり、他の要素や特徴を考慮せずに注目される選択肢に対して、評価が歪んだものになることがあります。

アイソレーション効果は、マーケティングや広告、意思決定などさまざまな領域で利用されることがあります。商品の特徴やメッセージを他と異なる形で提示することで、消費者の注目を引き、商品の魅力を高める効果が期待されます。また、意思決定においては、アイソレーション効果に注意して、個々の選択肢や情報を公平に評価することが重要です。全体の文脈や比較対象を考慮することで、より客観的な意思決定が行えます。

https://globis.jp/article/1829

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5