真理の錯誤効果とは、ある情報が繰り返し提示されると、それが真実だと信じてしまう心理現象のこと

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

真理の錯誤効果とは、ある情報が繰り返し提示されると、それが真実だと信じてしまう心理現象のことです。

例えば、ある人が、ある商品の広告を繰り返し見ていると、その商品の良さや価値を過大評価する傾向があります。また、ある人が、ある意見を繰り返し聞くと、その意見が正しいと信じてしまう傾向があります。

真理の錯誤効果は、以下の理由によって引き起こされると考えられています。

  • 頻度の錯誤:人は、頻度の高いものに注意を向け、そのものを真実だと判断する傾向があります。
  • 親密性の錯誤:人は、親しみのあるものに好感を持ち、そのものを真実だと判断する傾向があります。

真理の錯誤効果は、日常生活の中でさまざまな場面で影響を与えます。例えば、以下のようなものが挙げられます

  • 広告:広告を繰り返し見ることで、その商品やサービスを買う可能性が高まる。
  • 政治:政治家や政党の演説を繰り返し聞くことで、その政治家や政党を支持する可能性が高まる。
  • 噂:噂を繰り返し聞くことで、その噂が真実だと信じてしまう可能性がある。

真理の錯誤効果を防ぐためには、以下のことに注意するとよいでしょう。

  • 情報源を複数確認する
  • 情報の裏付けを調べる
  • 自分の意見や価値観を持ち続ける

真理の錯誤効果は、誰もが陥りやすい心理現象です。自分の行動や判断に注意を払い、真理の錯誤効果の影響を減らすように心がけることが大切です。

真理の錯誤効果は、誤った情報や意見が広まりやすい原因の一つです。そのため、真理の錯誤効果を理解し、その影響から身を守ることが重要です。

参考URL:
真理の錯誤効果とは|繰り返された情報を真実だと思い込む認知バイアス | Theories

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5