「なんか」が口癖の人の心理

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

「なんか」は、日本語の副詞で、意味は「なんとなく」「ふと」「何となく」などです。口癖として「なんか」を多用する人は、以下のような心理が考えられます。

  • 感覚的な捉え方をしている
    「なんか、いい感じ」や「なんか、嫌な予感」のように、物事を感覚的に捉えることが得意な人は、「なんか」を使う傾向があります。この場合の「なんか」は、「直感的に」「感覚的に」といった意味に近いでしょう。

  • 自分に自信がない
    「なんか、難しい」や「なんか、できるかな」のように、自分の能力や意見に自信がない人は、「なんか」を使う傾向があります。この場合の「なんか」は、「不確実性」「不安」といった意味に近いでしょう。

  • 人との衝突を避けたい
    「なんか、ちょっと違うよね」や「なんか、いやだな」のように、人との衝突を避けたい人は、「なんか」を使う傾向があります。この場合の「なんか」は、「やんわりとした否定」「婉曲表現」といった意味に近いでしょう。

  • 不平・不満を話したい
    「なんか、最近忙しい」や「なんか、つまらない」のように、不平・不満を話したい人は、「なんか」を使う傾向があります。この場合の「なんか」は、「不満」「不満足」といった意味に近いでしょう。

  • 自分のペースを保ちたい
    「なんか、ゆっくりしたい」や「なんか、一人になりたい」のように、自分のペースを保ちたい人は、「なんか」を使う傾向があります。この場合の「なんか」は、「自分の意思」「自分の気持ち」といった意味に近いでしょう。

  • 劣等感が強い
    「なんか、ダメだな」や「なんか、悔しい」のように、劣等感が強い人は、「なんか」を使う傾向があります。この場合の「なんか」は、「自虐」「卑下」といった意味に近いでしょう。

  • 言いたいことを言葉にするのが苦手
    「なんか、言いたいんだけど」や「なんか、伝えたいんだけど」のように、言いたいことを言葉にするのが苦手な人は、「なんか」を使う傾向があります。この場合の「なんか」は、「言葉にできないもどかしさ」「伝えたい気持ち」といった意味に近いでしょう。

  • 不快な気持ちを分かってほしい
    「なんか、イライラする」や「なんか、悲しい」のように、不快な気持ちを分かってほしい人は、「なんか」を使う傾向があります。この場合の「なんか」は、「自分の感情」「自分の気持ち」といった意味に近いでしょう。

もちろん、これらの心理はあくまでも一例です。実際には、複数の心理が複雑に絡み合っている場合もあります。また、口癖は本人の意図とは関係なく、周囲の影響で身についたものである可能性もあります。

「なんか」が口癖になっている人は、自分の心理を理解することで、口癖を直すための第一歩となります。

参考URL:
「なんか」という口癖は印象が悪い?「なんか」を多用する心理を解説! | Oggi.jp