凍り付き症候群とは、予期せぬ危険や脅威に直面した際に、身体や心が凍りつき、パニックを起こしたり、逃げたり、戦ったりすることができなくなる症状

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

凍り付き症候群とは、予期せぬ危険や脅威に直面した際に、身体や心が凍りつき、パニックを起こしたり、逃げたり、戦ったりすることができなくなる症状です。この症候群は、誰にでも起こり得るものですが、特に、トラウマやストレスを抱えている人、不安障害やPTSDなどの精神疾患を抱えている人に多く見られます。

凍り付き症候群の具体的な症状としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 身体が固まってしまう
  • 呼吸が止まる
  • 声が出なくなる
  • 思考が停止する
  • パニック発作を起こす

凍り付き症候群は、一時的なもので、時間が経てば自然に治る場合もあります。しかし、症状が長引いたり、日常生活に支障をきたしたりする場合は、専門家の助けを求めるようにしましょう。

凍り付き症候群を予防するためには、以下のようなものが挙げられます。

  • ストレスを溜め込まないようにする
  • 不安や恐怖を対処する方法を知る
  • トラウマを克服するための治療を受ける

凍り付き症候群を発症した場合は、以下のようなものが効果的です。

  • 深呼吸や筋弛緩法などのリラックス法を行う
  • 信頼できる人に助けを求める
  • 専門家の助けを求める

凍り付き症候群は、決して恥ずべきことではありません。一人で抱え込まずに、周囲の人に相談したり、専門家の助けを求めたりして、克服していきましょう。

参考URL:
凍りつき症候群|災害時の人間の心理や本能

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5