三点リーダー症候群とは、文章の終わりに「…」を多用する習慣を指す言葉

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

三点リーダー症候群とは、文章の終わりに「…」を多用する習慣を指す言葉です。

三点リーダーは、文章の省略や余韻、会話の間(ま)や無言などを表すために用いられる記号です。しかし、文章の終わりに「…」を多用すると、以下のような問題が生じる可能性があります。

  • 相手に、何を言いたいのかが伝わりにくい
  • 曖昧な表現で、誤解やトラブルの原因になる
  • ビジネスシーンやフォーマルな場では、マナー違反になる

三点リーダー症候群の原因は、さまざまに考えられます。

  • 言葉に自信が持てない
  • 相手にどう思われるか、気にしすぎる
  • 文章を簡潔にまとめるのが苦手

三点リーダー症候群を改善するためには、以下のようなものが効果的です。

  • 自分の文章を客観的に見つめ、三点リーダーの使い方を振り返る
  • 文章を簡潔にまとめるための練習をする
  • 自分の言葉に自信を持つ

三点リーダー症候群は、決して治せないものではありません。意識して改善することで、きちんとした文章を書くことができるようになります。

三点リーダー症候群は、近年、特にSNSやメールなどのテキストコミュニケーションの普及によって、問題視されるようになってきました。

文章の終わりに「…」を多用していると、相手に誤解や不快感を与えてしまう可能性があるため、注意が必要です。

参考URL:
三点リーダー症候群… - 東京アプリケーションシステム