ぶつぶつ恐怖症とは、小さな穴やブツブツ、突起物などの集合体に対して、名状しがたい不快や嫌悪を感じる精神疾患

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ぶつぶつ恐怖症とは、小さな穴やブツブツ、突起物などの集合体に対して、名状しがたい不快や嫌悪を感じる精神疾患です。

ぶつぶつ恐怖症の対象となるのは、蓮の花托やフジツボ、蜂の巣、アトピー性の皮膚など、小さな穴やブツブツ、突起物などの集合体であれば、何でも対象になる可能性があります。

ぶつぶつ恐怖症の原因は、はっきりとはわかっていませんが、以下の可能性が考えられています。

  • 過去に、小さな穴やブツブツ、突起物などの集合体に危険を感じた経験がある
  • 小さな穴やブツブツ、突起物などの集合体に対して、無意識のうちに不快感や嫌悪感を抱いている
  • 遺伝的な要因

ぶつぶつ恐怖症の症状は、以下のとおりです。

  • 小さな穴やブツブツ、突起物などの集合体を見たり触れたりすると、不快や嫌悪感を感じてしまう
  • 小さな穴やブツブツ、突起物などの集合体を見たり触れたりすると、心拍数の増加、発汗、顔面紅潮、震え、呼吸困難などの症状が現れる
  • 小さな穴やブツブツ、突起物などの集合体がある場所を避けるようになる

ぶつぶつ恐怖症は、日常生活や社会生活に支障をきたす可能性があります。例えば、

  • 自然や公園など、小さな穴やブツブツ、突起物などの集合体がある場所に行くのが怖くなる
  • 蜂やハチドリなどの虫が苦手になる

ぶつぶつ恐怖症の治療には、認知行動療法(CBT)が効果的です。CBTでは、ぶつぶつ恐怖症の原因と維持要因を理解し、不快や嫌悪感に対処するためのスキルを学びます。

また、薬物療法もぶつぶつ恐怖症の治療に使用されることがあります。

ぶつぶつ恐怖症の治療には、早期発見・早期治療が重要です。ぶつぶつ恐怖症に悩んでいる場合は、精神科や心療内科を受診することをおすすめします。

ぶつぶつ恐怖症の特徴は、以下のとおりです。

  • 対象は、小さな穴やブツブツ、突起物などの集合体
  • 不快や嫌悪感の程度は、軽度から重度まで様々である
  • 恐怖や不安の対象を避けるようになる

ぶつぶつ恐怖症は、比較的珍しい恐怖症ではありません。誰しもが、小さな穴やブツブツ、突起物などの集合体に対して、ある程度の不快感や嫌悪感を感じるものです。しかし、その不快感や嫌悪感が日常生活や社会生活に支障をきたすほど強い場合は、ぶつぶつ恐怖症である可能性があります。

ぶつぶつ恐怖症の原因として、過去に、小さな穴やブツブツ、突起物などの集合体に危険を感じた経験をしたという説があります。例えば、蜂に刺された、アトピー性皮膚で痒みを伴った、などです。このような体験をすると、小さな穴やブツブツ、突起物などの集合体に対して不快感や嫌悪感を抱きやすくなり、ぶつぶつ恐怖症を発症する可能性があります。

また、小さな穴やブツブツ、突起物などの集合体に対して、無意識のうちに不快感や嫌悪感を抱いているという説もあります。このような不快感や嫌悪感は、過去の経験やトラウマ、価値観などによって形成されると考えられています。

さらに、遺伝的な要因が関与しているという説もあります。ぶつぶつ恐怖症の家族歴がある人では、ぶつぶつ恐怖症を発症するリスクが高くなると考えられています。

参考URL:
ブツブツ恐怖症の原因に新説、トライポフォビア | ナショナル ジオグラフィック日本版サイト