スワンプマン理論は、意識と物理主義の哲学的な問題を検討するために使用される思考実験

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

スワンプマン理論は、意識と物理主義の哲学的な問題を検討するために使用される思考実験です。アメリカの哲学者ドナルド・デイヴィッドソンによって1987年に提唱されました。

スワンプマンの思考実験では、沼地で人間の遺体が発見されたとします。科学者たちは、遺体を完全に分解し、その成分を完全に分析します。その後、彼らは、遺体の成分を完全に再構成し、人間と同じ物理的構造を持つものを作成します。

デイヴィッドソンは、この新しい存在は人間と同じ意識を持っているかどうかを問います。

もし、意識が物理的な構造に完全に依存しているなら、新しい存在は人間と同じ意識を持っているはずです。しかし、もし意識が物理的な構造に依存していないなら、新しい存在は人間と同じ意識を持っていないはずです。

スワンプマン理論は、意識の性質と、意識と物理主義の関係についての議論を促しています。

スワンプマン理論は、意識の性質に関するさまざまな見解を支持するものです。

  • 物理主義:意識は物理的な構造に完全に依存している。したがって、スワンプマンは人間と同じ意識を持っている。
  • 二元論:意識は物理的な構造とは独立している。したがって、スワンプマンは人間と同じ意識を持っていない。
  • 機能主義:意識は、ある種の機能によって定義される。したがって、スワンプマンは人間と同じ意識を持っている場合と、持っていない場合があります。

スワンプマン理論は、意識の性質に関する議論をさらに深めるために、今後も議論され続けると考えられます。

参考URL:
スワンプマン - Wikipedia