計画錯誤

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

計画錯誤とは?

計画錯誤(Planning Fallacy)は、人々が特定のタスクやプロジェクトの完了にかかる時間やリソースを過小評価し、予測よりも楽観的な計画を立てる傾向を指します。つまり、人々は自身の能力や状況を適切に考慮せずに、時間やリソースの見積もりを行い、結果的に予定よりも長くかかることがよくあります。

計画錯誤は、主に以下の要因によって引き起こされます:

楽観的なバイアス: 人々は自分自身や他人よりもタスクの達成にかかる時間や労力を過小評価する傾向があります。成功体験や良い意図が、現実的な予測能力を妨げることがあります。

不確実性の無視: 不確実性や予期せぬ問題が発生する可能性を無視して、計画を立てることがあります。過去の経験や情報の不足に基づいて、リスクや障害が起こらないと仮定する傾向があります。

タスクの複雑性の過小評価: タスクやプロジェクトの複雑さや手間を正しく評価せず、単純化してしまうことがあります。実際には予想以上に多くのステップやリソースが必要になる場合があります。

計画錯誤は、個人だけでなく組織やチームにも影響を及ぼします。予定よりも遅れたり、予算を超過したりすることがよくあり、プロジェクトの効率性や成果に悪影響を及ぼす可能性があります。

計画錯誤を克服するためには、以下のアプローチが有効です:

過去のデータの分析: 過去の類似のプロジェクトやタスクのデータを分析し、実際の時間とリソースのかかり方に基づいて予測を修正します。

専門家のアドバイスの活用: 関連する専門家や経験豊富な人々の意見やアドバイスを求め、客観的な視点を取り入れます。

リアリティ・チェック: 楽観的な見積もりや計画を立てる前に、自身やチームメンバーと話し合い、計画のリアリティをチェックします。それにはタスクの複雑さ、リソースの可用性、不確実性に対する備えなどを考慮します。

バッファの導入: 予定よりも余裕を持たせるために、タスクやプロジェクトの予測時間や予算にバッファを設けます。これにより、予期せぬ遅れや問題が発生した場合でも柔軟に対応することができます。

経験の共有と学習: 過去の計画錯誤から学び、経験を共有することが重要です。組織やチーム内での情報共有や反省会を通じて、将来のプロジェクトやタスクの計画に生かすことができます。

計画錯誤は人間の認知的なバイアスの一つであり、完全には避けられないかもしれません。しかし、上記の手法を用いて意識的に計画を見直し、リアリティを考慮した上で進めることで、予測精度を向上させることができます。

https://www.jumonji-u.ac.jp/sscs/ikeda/cognitive_bias/cate_d/d_08.html

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5