休日無気力症候群とは、平日は仕事や学校などで忙しく過ごしているため、休日になると何もやる気が起きず、ただ寝て過ごしてしまうという症状のこと

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

休日無気力症候群とは、平日は仕事や学校などで忙しく過ごしているため、休日になると何もやる気が起きず、ただ寝て過ごしてしまうという症状のことです。

休日無気力症候群の原因としては、以下のようなものが考えられます。

  • 平日の疲れやストレスの蓄積
  • 仕事や学校への依存
  • 休日の過ごし方の目標や計画の欠如

休日無気力症候群は、本人にとっても周囲の人々にとっても、大きな負担となる可能性があります。

本人は、休日が憂鬱で、気分が晴れないと感じたり、生活リズムが乱れたりすることがあります。また、休日を有効に活用できず、充実した時間を過ごすことができないと感じたり、罪悪感を感じたりすることもあります。

また、周囲の人々は、本人の休日の過ごし方に理解を示しづらく、関係性に亀裂が生じることもあるでしょう。

休日無気力症候群を改善するためには、以下のようなものが効果的です。

  • 平日の疲れやストレスを溜め込まないようにする
  • 仕事や学校以外のことにも関心を持つ
  • 休日の過ごし方の目標や計画を立てる

休日無気力症候群は、決して克服できないものではありません。

本人の強い意志と、周囲の理解と協力があれば、改善することは可能です。

休日無気力症候群の改善方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 平日の疲れを癒すために、十分な睡眠をとる、適度な運動をする、好きなことに没頭するなどの時間をとる
  • 仕事や学校以外のことにも関心を持つために、新しい趣味や習い事を始める、友達や家族と交流するなどの時間をとる
  • 休日の過ごし方の目標や計画を立てる際には、無理のない範囲で、達成感を得やすい内容にすることが大切です。

休日無気力症候群は、決して珍しい症状ではありません。

もし、自分が休日無気力症候群の疑いがある場合は、一人で抱え込まずに、周囲の人に相談するようにしましょう。

参考URL:
【要注意】休日無気力症候群のセルフチェックリストとなりやすい人の特徴