コタール症候群とは、自分が死んでいる、あるいは死んでしまった、あるいは内臓が腐敗している、あるいは自分の肉体は空虚であるといった妄想を抱く精神疾患の一種

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

コタール症候群(Cotard delusion、不死妄想)とは、自分が死んでいる、あるいは死んでしまった、あるいは内臓が腐敗している、あるいは自分の肉体は空虚であるといった妄想を抱く精神疾患の一種です。

コタール症候群の原因は、明確にはわかっていませんが、以下のようなものが考えられます。

  • うつ病や統合失調症などの精神疾患
  • 脳卒中や頭部外傷などの脳損傷
  • 薬物乱用やアルコール依存症などの薬物問題

コタール症候群は、本人にとっても周囲の人々にとっても、大きな負担となる可能性があります。

本人は、自分の妄想を否定され、理解されないことによる孤独感や疎外感に苦しむことがあります。また、自殺や他害などの行動に走ることもあります。

また、周囲の人々は、本人の行動に戸惑ったり、困惑したりしてしまうことがあります。

コタール症候群の治療としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 精神科や心療内科でのカウンセリング
  • 投薬治療
  • 家族療法

コタール症候群は、本人の強い意志と、周囲の理解と協力があれば、克服することは可能です。

コタール症候群の特徴的な症状としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 自分が死んでいる、あるいは死んでしまった、あるいは内臓が腐敗している、あるいは自分の肉体は空虚であるといった妄想を抱く
  • 自分の妄想を否定され、理解されないことによる孤独感や疎外感に苦しむ
  • 自殺や他害などの行動に走ることがある

コタール症候群の診断基準としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 自分が死んでいる、あるいは死んでしまった、あるいは内臓が腐敗している、あるいは自分の肉体は空虚であるといった妄想を抱いている
  • 妄想が頑固で、否定されても変わらない
  • 妄想が本人の日常生活に支障をきたしている

コタール症候群は、決して珍しい症状ではありません。

もし、自分がコタール症候群の疑いがある場合は、一人で抱え込まずに、精神科や心療内科を受診するようにしましょう。

参考URL:
コタール症候群 - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5