「どうせ私が悪いんでしょ?」が口癖の人の心理とは?

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

「どうせ私が悪いんでしょ?」というフレーズは、様々な心理状態を表す可能性があり、一概に断定することはできません。しかし、以下のような心理が複合的に作用していると考えられます。

被害者意識

自分が常に被害者であるという意識が強く、周囲からの攻撃や批判に敏感になっている可能性があります。過去に傷ついた経験から、周囲に対して不信感や警戒心を持っているのかもしれません。

自己防衛

相手からの批判や攻撃を避けるために、先回りして自分を責めることで、心理的な防御壁を作ろうとしている可能性があります。過去の経験から、自分が悪いと認めれば、相手から責められることがないと学習しているのかもしれません。

自己否定

自分自身を否定し、価値がないと感じている可能性があります。過去の失敗体験や、周囲からの否定的な評価が原因で、自己肯定感が低くなっているのかもしれません。

参考URL:
「どうせ私が悪いんでしょ」「つまり私が悪いって言いたいわけね… – Yahoo!知恵袋