ジェイ・ホール

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ジェイ・ホール(Jay Hall)は、アメリカの社会心理学者です。1931年生まれ、1955年にミシガン大学で心理学の博士号を取得しました。その後、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で教鞭をとり、1965年にカリフォルニア大学デービス校に移りました。1997年に退職するまで、デービス校で社会心理学科の主任を務めました。

ホールは、グループの意思決定や問題解決に関する研究で知られています。特に、1970年代に考案した「NASAゲーム」は、グループワークのトレーニングや教育に広く用いられています。NASAゲームは、月面に不時着した宇宙飛行士が、地球に帰還するために必要なアイテムをリストアップし、優先順位をつけるという課題です。このゲームでは、グループメンバーの多様な意見を尊重し、合意形成を図ることが重要となります。

ホールの他の研究成果としては、以下のようなものが挙げられます。

  • グループのリーダーシップに関する研究
  • グループのコミュニケーションに関する研究
  • グループのダイバーシティに関する研究

ホールは、グループの意思決定や問題解決に関する研究で、国際的に高い評価を受けています。彼の研究成果は、ビジネスや教育などのさまざまな分野で活用されています。

以下に、ホールの代表的な著作をいくつか挙げます。

  • Group Dynamics: Theory, Research, and Applications (1978)
  • Social Interaction: Introduction to Social Psychology (1980)
  • Decisions, Decisions, Decisions: Making Choices and Solving Problems (1990)
  • Groupthink: When Groups Make Bad Decisions (2005)

ホールは、2012年に91歳で亡くなりました。

参考URL:
コンセンサスゲームとは?ビジネスマンに必要な力を楽しんで学べる研修の特徴を解説 | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5