内田伸子

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

内田伸子は、1946年1月1日生まれの日本の心理学者です。群馬県出身。学位は学術博士(お茶の水女子大学・1991年)。お茶の水女子大学名誉教授、文化功労者。

専門は発達心理学、認知心理学、保育学です。子どもの発達段階に着目し、分析データを基に、子どもの言語発達・認知発達をより良くする具体的な教育法や援助の方策を説いています。

長年にわたり、ベネッセ「こどもちゃれんじ」の監修に携わり、NHK「おかあさんといっしょ」の番組開発・コメンテーターなども務めています。また、しまじろうパペットの開発、創造性開発の知育玩具「エポンテ」のシャチハタとの共同開発など、子どもの教育・育児に関連するさまざまな活動を行っています。

主な著書に、「子どもの言語発達」(岩波新書)、「子どもの認知発達」(岩波新書)、「子どもの育て方」(岩波新書)、「子どもの遊び」(岩波新書)などがあります。

2019年には、子どもの教育・育児への功績が認められ、文化功労者に選ばれました。

以下に、内田伸子の主な業績をまとめます。

  • 発達心理学、認知心理学、保育学の分野における研究成果
  • ベネッセ「こどもちゃれんじ」の監修
  • NHK「おかあさんといっしょ」の番組開発・コメンテーター
  • しまじろうパペットの開発
  • 創造性開発の知育玩具「エポンテ」のシャチハタとの共同開発
  • 子どもの教育・育児に関する著書の執筆
  • 子どもの教育・育児への功績による文化功労者受賞

内田伸子は、子どもの教育・育児に関する第一人者として、長年にわたり活躍を続けています。その功績は、子どもの成長と発達に大きく貢献するものと言えるでしょう。

参考URL:
内田伸子 - Wikipedia