悪魔の代弁者

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

悪魔の代弁者とは?

「悪魔の代弁者」という言葉は、通常、「Devil's Advocate」として知られています。これは、ある意見や提案に対して反対の立場をとり、議論や意思決定のプロセスを深化させる役割を果たす人を指します。

悪魔の代弁者は、主に議論や意思決定の場で使用されます。この役割を担う人は、問題や提案の潜在的な欠点やリスクを強調し、反対意見や異なる視点を提示します。彼らは主張を支持するのではなく、むしろ批判や反対の立場をとります。その結果、意思決定者や議論の参加者は、より包括的な視点を得ることができ、考え方や計画の改善に役立ちます。

悪魔の代弁者の役割は、議論や意思決定のバイアスやグループ思考を回避するために重要です。彼らは既存の意見や主張を批判的に検証し、意思決定の品質を向上させるための対話や分析を促進します。

悪魔の代弁者の役割は、法廷の弁護士が被告の利益を代表するのと似ているため、「悪魔の代弁者」という表現が使われます。彼らはある種の「敵対的な」役割を果たすことが期待されていますが、それはより健全な意思決定プロセスを促進するための手段です。

https://www.nri.com/jp/knowledge/publication/fis/kinyu_itf/lst/2021/04/08