ジョブ理論とは、ハーバード・ビジネス・スクールの教授であるクレイトン・クリステンセンが提唱した、顧客の行動を説明する理論

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ジョブ理論とは、ハーバード・ビジネス・スクールの教授であるクレイトン・クリステンセンが提唱した、顧客の行動を説明する理論です。

ジョブ理論によると、人は「ジョブ」を達成するために、製品やサービスを「雇用」します。ジョブとは、顧客が達成したい目的や、解決したい課題のことです。たとえば、コーヒーを飲むジョブは「リラックスする」「眠気を覚ます」「仕事の合間に一息つく」などです。

ジョブ理論では、顧客が製品やサービスを「雇用」する理由は、以下の3つに分類されます。

  • 機能的要因:製品やサービスが提供できる機能や性能
  • 社会的要因:製品やサービスによって得られるステータスや満足感
  • 情緒的要因:製品やサービスによって得られる感情的な満足感

ジョブ理論では、製品やサービスの成功は、これらの要因をバランスよく満たすことができるかにかかっているとしています。

ジョブ理論は、以下の3つの考え方に基づいています。

  • ジョブは、製品やサービスによってではなく、顧客によって定義される
  • 顧客は、ジョブを達成するために、製品やサービスを雇用する
  • ジョブは、顧客の状況やニーズによって変化する

ジョブ理論は、イノベーションを起こすためのフレームワークとして、多くの企業で活用されています。たとえば、アップルのiPhoneは、従来の携帯電話の機能や性能を大幅に向上させただけでなく、ソーシャルメディアやゲームなどの新たな機能を追加することで、顧客の「コミュニケーション」や「エンターテインメント」のジョブを満たすことに成功しました。

ジョブ理論は、製品やサービスの開発・マーケティングにおいて、顧客のニーズを深く理解するための有効なフレームワークです。

参考URL:
ジョブ理論とは?概要とフレームワークをわかりやすく解説! - 2023/05/25 [Schoo]

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5