責任分散とは、ある出来事に対する責任が複数の人間によって共有されると、個々の責任感が低下し、行動や不作為が生じる現象

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

責任分散とは、ある出来事に対する責任が複数の人間によって共有されると、個々の責任感が低下し、行動や不作為が生じる現象です。

責任分散は、1968年にダーリーとラタネによって提唱された概念です。彼らは、ニューヨークのタイムズスクエアで発生した通り魔事件において、周囲に多くの人がいたにもかかわらず、誰も通報や救助に動かなかったという事例を研究しました。その結果、周囲に多くの人がいると、自分が責任を負う範囲が狭く感じられ、行動を起こす可能性が低くなることが明らかになりました。

責任分散は、さまざまな場面で観察されています。例えば、

  • 誰かが倒れているのに、周囲の人が誰も助けようとしない
  • 会社でミスが発生したが、誰も責任をとろうとしない
  • 政治家が国民の不利益になる政策を推進するが、誰も責任を問われない

といった事例が挙げられます。

責任分散が生じる原因としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 責任の曖昧さ:誰が責任を持つべきかが明確でない
  • 責任の分担:責任を複数人で共有する
  • 責任の希薄化:責任が小さくなる

責任分散を防ぐためには、以下の対策が考えられます。

  • 責任の明確化:誰が責任を持つべきかを明確にする
  • 責任の個人化:責任を個人に帰属させる
  • 責任の重視:責任を重視する文化を醸成する

責任分散は、社会的な問題を引き起こす可能性のある現象です。責任分散を防ぐための対策を講じることで、より良い社会を実現するために貢献することができます。

参考URL:
【人間心理学】責任の分散?見て見ぬふりの傍観者効果とは?

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5