カクテルパーティー現象とは、騒がしい場所であっても、自分の名前や興味関心のある話題は自然と耳に入ってくるという現象

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

カクテルパーティー現象とは、騒がしい場所であっても、自分の名前や興味関心のある話題は自然と耳に入ってくるという現象です。音声の選択的聴取や選択的注意とも呼ばれており、イギリスの認知心理学者であるエドワード・コリン・チェリーによって1953年に提唱されました。

カクテルパーティー現象の仕組みは、以下のとおりです。

  • 耳に入ってきた音声を、脳が瞬時に判断して選び分け、必要な情報と不要な情報に分けます。
  • 必要な情報は、脳の注意力によって意識的に処理されます。

カクテルパーティー現象は、以下の要因によって影響を受けます。

  • 興味関心
    興味関心がある話題は、不要な情報よりも優先して処理されます。

  • 言語能力
    言語能力が高い人は、より多くの情報を処理することができます。

  • 疲労
    疲労していると、注意力が散漫になり、カクテルパーティー現象が起こりやすくなります。

カクテルパーティー現象は、日常生活の中でよくある現象です。たとえば、以下のような場面でカクテルパーティー現象が起こることがあります。

  • パーティーや会議など、多くの人が集まる場所で会話を聞いているとき
  • テレビを見ているとき、自分の好きな番組の声だけに注意が向くとき
  • 運転中に、自分の名前を呼ばれたとき

カクテルパーティー現象は、人間の脳が情報を処理する能力の高さを示す現象と言えるでしょう。

参考URL:
身近な計測-カクテルパーティ現象

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5