レコーディングダイエット

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

レコーディングダイエットとは?

レコーディングダイエットは、食事や飲み物の摂取内容を記録することによって、自身の食習慣や摂取カロリーを把握し、ダイエットや健康管理に役立てる方法です。この方法は、体重管理や栄養バランスの調整に対する意識を高めることができます。

一般的に、レコーディングダイエットは以下の手順で行われます:

食事の記録: 食事や飲み物の摂取内容を詳細に記録します。一般的な項目には、摂取した食品や飲料の名称、分量、調理法、時間帯などが含まれます。記録する手段としては、紙とペンを使った手書きの日記や、スマートフォンアプリやウェブサイトを活用する方法があります。

カロリーや栄養素の計算: 記録された食事データをもとに、摂取カロリーや栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなど)を計算します。これにより、自身の摂取状況や栄養バランスを把握することができます。

分析と評価: 食事データを分析し、自身の食習慣や傾向を把握します。摂取カロリーや栄養バランスが目標に合っているかどうかを評価し、必要に応じて調整を行います。

目標設定と改善: ダイエットや健康目標に基づいて、食事の改善策や調整を行います。例えば、カロリー制限、栄養バランスの調整、食品の選択や食事のタイミングの見直しなどが含まれます。

レコーディングダイエットの利点は、自身の食習慣や摂取カロリーに対する客観的な情報を提供し、自己認識や意識の向上を促すことです。また、摂取量のコントロールや目標設定による食事改善に役立つとされています。ただし、正確なデータの記録や計算が求められるため、継続性や正確性に注意が必要です。

https://diamond.jp/articles/-/309990

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です