認知負荷とは、人間の脳が情報を処理する際にかかる精神的なエネルギー量

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

認知負荷とは、人間の脳が情報を処理する際にかかる精神的なエネルギー量を指します。ワーキングメモリ(短期記憶)が一度に処理できる情報量に制限があることに基づいており、処理すべき情報が利用者の処理能力を超えると、認知負荷が高すぎると言われます。

認知負荷は、大きく分けて2つの種類があります。

  • 課題内在性負荷:タスクの性質に内在する認知負荷です。例えば、問題が複雑である、新しい知識を学ぶ必要がある、などといった場合に認知負荷が高くなります。
  • 課題外在性負荷:タスクの外部環境に由来する認知負荷です。例えば、情報が多すぎる、デザインが複雑である、などといった場合に認知負荷が高くなります。

認知負荷が高いと、以下の問題を引き起こす可能性があります。

  • 理解や学習が困難になる
  • タスクの遂行に時間がかかる
  • ミスや誤判断が増える
  • ストレスや疲労感を感じる

認知負荷を低減するためには、以下の方法が有効です。

  • タスクを単純化・明確化する
  • 必要な情報を絞り込む
  • 情報を整理してわかりやすくする
  • デザインをシンプルにする

認知負荷は、教育、デザイン、UX、マーケティングなど、さまざまな分野で重要な概念です。認知負荷を理解することで、より効果的に情報を伝達したり、タスクを遂行したりすることができます。

以下に、認知負荷の例をいくつか挙げます。

  • 学校の授業:問題が複雑である、新しい知識を学ぶ必要がある、などといった場合に認知負荷が高くなります。
  • 仕事:複数のタスクを同時にこなす必要がある、複雑なシステムを操作する必要がある、などといった場合に認知負荷が高くなります。
  • ウェブサイト:情報が多すぎる、デザインが複雑である、などといった場合に認知負荷が高くなります。
  • 製品の説明書:説明が複雑である、図やイラストがわかりにくい、などといった場合に認知負荷が高くなります。

認知負荷を低減するためには、これらの例を参考に、対象者や状況に応じて適切な対策を講じることが重要です。

参考URL:
認知負荷とは?UX改善に必須!わかりにくい・使いにくい原因となるポイント5つ| UI/UXのSHIFT

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5