(心理学における)類型論とは?

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

心理学における類型論とは、人間の性格を、ある共通の特徴や属性に基づいて、いくつかの類型に分類する考え方です。

類型論は、古代ギリシャのヒポクラテスによる体液説や、20世紀初頭のシェルドンの体型説など、歴史的に多くの理論が提唱されてきました。

近年では、カール・ユングの心理学的タイプ論や、アイゼンックの五因子モデルなどが、代表的な類型論として知られています。

ユングの心理学的タイプ論は、人間の性格を、内向性と外向性、感覚と直感、思考と感情、判断と知覚の4つの次元に基づいて、16のタイプに分類しています。

アイゼンックの五因子モデルは、人間の性格を、外向性、神経症傾向、開放性、調和性、誠実性の5つの次元に基づいて、性格を測定する尺度です。

類型論は、人間の性格の複雑さを理解するための枠組みとして、広く用いられています。

類型論のメリットは、人間の性格を、一貫した行動、認知、および感情反応のパターンに基づいて、理解できることです。これにより、個人の特徴や強み、弱みを理解し、適切なコミュニケーションや対人関係を築くためのヒントを得ることができます。

一方、類型論には、以下のようなデメリットもあります。

  • 人間の性格は、多面的であり、単純に2つや4つの次元で分類することは難しい。
  • 類型論によって、個人の特徴を固定的に捉えてしまう可能性がある。

類型論は、あくまでも人間の性格を理解するための一つの枠組みであり、その限界を理解した上で、活用することが大切です。

参考URL:
パーソナリティの類型論 : 心理学用語集

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5