現状維持バイアスとは、現在の状況よりも好転すると分かっていても、変化を避け現状維持を選ぶ心理傾向

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

現状維持バイアスとは、現在の状況よりも好転すると分かっていても、変化を避け現状維持を選ぶ心理傾向を指します。

現状維持バイアスは、以下の要因によって生じると考えられています。

  • 損失回避:人は、損失を被ることを避ける傾向があります。現状維持を選択することで、たとえ小さな損失であっても、全く損失を被らないよりもよいと考えるのです。
  • 未知への不安:人は、未知のものを恐れる傾向があります。現状維持を選択することで、変化による不確実性を避けることができると考えるのです。
  • コストの意識:変化には、時間や労力、費用などのコストがかかります。現状維持を選択することで、これらのコストを回避することができると考えるのです。

現状維持バイアスは、さまざまな場面で影響を及ぼします。例えば、

  • ビジネスにおいては、新しい製品やサービスへの投資を躊躇する
  • 投資においては、損失を恐れて投資を避ける
  • 政治においては、現状の制度や政策を維持する

現状維持バイアスは、必ずしも悪いことばかりではありません。例えば、変化によるリスクを回避し、安定した状況を維持するためには、現状維持バイアスが働くことは有効です。しかし、変化による可能性を捨ててしまうことにつながることもあります。

現状維持バイアスを軽減するためには、以下のことに気をつけましょう。

  • 変化によるメリットを具体的にイメージする
  • 失敗を恐れず、チャレンジする
  • 多様な視点から物事を見る

現状維持バイアスに気づき、意識的にコントロールすることで、より柔軟で前向きな判断を下せるようになります。

参考URL:
現状維持バイアスとは?起こる原因や外し方を解説