イノベーター理論とは、新しい商品やサービスが市場に普及していく過程を、消費者の5つの層に分類したマーケティング理論

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

イノベーター理論とは、新しい商品やサービスが市場に普及していく過程を、消費者の5つの層に分類したマーケティング理論です。

1962年にアメリカのスタンフォード大学の教授であるエベレット・M・ロジャースによって提唱されました。

イノベーター理論では、消費者を以下の5つの層に分類します。

  • イノベーター:新しい商品やサービスを積極的に導入する層。市場全体の約2.5%を占める。
  • アーリーアダプター:新しい商品やサービスの価値を理解し、積極的に導入する層。市場全体の約13.5%を占める。
  • アーリーマジョリティ:周囲の意見に影響を受けやすい層。市場全体の約34%を占める。
  • レイトマジョリティ:慎重で保守的な層。市場全体の約34%を占める。
  • ラガード:新しい商品やサービスに消極的な層。市場全体の約16%を占める。
    イノベーター理論は、新しい商品やサービスを市場に普及させるためのマーケティング戦略に活用されています。

たとえば、イノベーターとアーリーアダプターは、新しい商品やサービスの価値を理解し、積極的に導入する層です。そのため、これらの層をターゲットとしたマーケティング施策を実施することで、早期に市場に浸透させることができます。

一方、アーリーマジョリティ以降の層は、周囲の意見に影響を受けやすい層です。そのため、これらの層をターゲットとしたマーケティング施策では、マスメディアや口コミを活用した広報活動が効果的です。

イノベーター理論は、新しい商品やサービスの市場導入において、重要な指針となる理論です。

参考URL:
イノベーター理論をわかりやすく解説!【事例あり】 | コラム | 東大IPC−東京大学協創プラットフォーム開発株式会社