自発的特徴変換

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

自発的特徴変換とは?

自発的特徴変換(Spontaneous Trait Transference)とは、社会心理学における現象の一つです。この現象は、他人が自分自身に対して特定の特徴や属性を言及した場合、その特徴がその他の人々に対しても関連付けられる傾向があることを指します。

具体的には、他人が自分自身や他の人について特定の特徴や属性(例: 優しい、頼りになる、無責任など)を述べた場合、聞き手はその特徴を話している人自身に対してのみではなく、その他の人々にも適用する傾向があります。つまり、他人が何かを言及することによって、その特徴が他の人にも一種の「移転」されるという現象です。

この効果の理論的な背景としては、人々が他人の特徴や属性を評価する際に、その特徴と関連付けられる人物の情報を無意識的に参照する傾向があることが挙げられます。言い換えると、他人が自分について述べた特徴は、その他の人々にとっても同様に適用される可能性があるという認知的なバイアスが働くのです。

自発的特徴変換は、コミュニケーションや社交の中で重要な役割を果たす要素の一つとされています。他人に対してどのような特徴や属性を言及するかは、その他の人々の印象や評価にも影響を与えることを意味します。

https://north-media.jp/WebBoard/data/7/page_7_119.html