リードの法則

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

リードの法則とは?

「リードの法則」という用語は、いくつかの異なる意味で使用されていますが、一般的には以下の二つの意味があります。

リードの法則(Lead's Law)は、毒物学や環境科学において、物質の摂取や暴露量とそれに関連する健康効果の間の関係を表す法則です。この法則は、19世紀にスイスの化学者であるアウグスト・リードによって提唱されました。リードの法則によれば、物質の摂取量が増加すると、それに関連した有害な健康効果も増加する傾向があるとされます。

リードの法則(Lead's Rule)は、ジャーナリズムやメディアの文脈で用いられる規則です。この法則は、記事やニュースの執筆時において、見出しやリード文(記事の冒頭部分)が重要な情報を提供する役割を果たすべきであるという原則を指します。リードの法則によれば、読者は記事の最初の数行や見出しを読んだだけで、その記事の内容や主題を理解できるようになっているべきだとされます。

ただし、これらの用語は一般的な意味として広く知られているものではありませんし、特定の文脈や分野での用法によって異なる意味を持つ場合があります。したがって、具体的な文脈や関連する分野に応じて、より具体的な説明や解釈が必要です。

http://www9.plala.or.jp/majan/pers7.html