主観的承認

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

主観的承認とは?

主観的承認(subjective validation)は、心理学の概念であり、人々が自身の信念や意見が他人によって認められることによって、その信念や意見が正しいと感じる現象を指します。つまり、他人からの肯定的な反応や承認があることで、個人は自身の信念や意見をより強く信じる傾向があるということです。

主観的承認は、個人の自己確認やアイデンティティ形成に関与する要素の一つです。人々は自分の信念や意見を持つことで、自己の一部としてのアイデンティティを形成し、それを維持したいという欲求を持っています。他人からの承認や賛同を受けることで、自己のアイデンティティが肯定され、自己価値感や自信が高まると感じることがあります。

主観的承認は、認知的なバイアスや社会心理学の要素とも関連しています。個人は、自身の信念や意見に対する確証バイアス(confirmation bias)や同調圧(conformity pressure)の影響を受けやすく、自分と同じ意見を持つ他の人々からの承認や共感を求める傾向があります。

ただし、主観的承認には客観性の問題も関わってきます。他人からの承認や共感を得ることは、自分自身の信念や意見が真実であることを意味するわけではありません。人々はしばしば同じ意見を持つ人々との接触を選択し、反対意見を避ける傾向があるため、バイアスが生じる可能性があります。

主観的承認を適切に扱うためには、客観性を保ち、異なる意見や情報にも開かれた態度を持つことが重要です。自己の信念や意見を客観的に検証し、他人の意見やフィードバックを受け入れる柔軟性を持つことが、より健全な意思決定や自己成長に繋がるでしょう。

https://eraina.web.2nt.com/92.html