ピーターの法則

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ピーターの法則とは?

ピーターの法則(Peter's Law)は、組織やプロジェクトにおける効率や生産性に関する経験則の一つです。この法則は、ローレンス・J・ピーター(Laurence J. Peter)によって提唱され、彼の著書『ピーターの法則』(The Peter Principle)で広く知られるようになりました。

ピーターの法則によれば、「人は自身の能力を超える職務に昇進し続ける」傾向があるとされています。具体的には、組織内で優れた業績を上げたり、能力を発揮したりすることによって昇進するという一般的な人事制度において、個人は適切な能力やスキルを持つ職務に昇進していきます。

しかし、ピーターの法則では、昇進が続く限り、個人は最終的に自身の能力限界を超えた職務に就くことになります。つまり、人は昇進し続けるうちに、自分が適正とする職務に到達する前に、能力の限界に達してしまうのです。

この結果、組織内には能力に見合わない人材が配置されることになり、組織全体の効率や生産性が低下する可能性があるとされます。また、ピーターの法則によれば、昇進した後に能力が頭打ちになるため、昇進後の個人のパフォーマンスや満足度も低下する傾向があるとされます。

ピーターの法則は、組織の人事制度や昇進の仕組みを見直す必要性を指摘するものとして注目されています。特に、人材の適切な配置や育成の重要性を強調し、効果的な組織運営のためには能力と職務のマッチングを考慮する必要があるとされています。

https://www.google.com/search?q=%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87&rlz=1C1QABZ_jaJP905JP905&oq=%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87&aqs=chrome..69i57.651j0j4&sourceid=chrome&ie=UTF-8

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5