フォーカシングイリュージョンとは、ある特定の要因に過剰に注目し、実際よりもその要因の影響が大きいと錯覚してしまう認知バイアス

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

フォーカシングイリュージョンとは、ある特定の要因に過剰に注目し、実際よりもその要因の影響が大きいと錯覚してしまう認知バイアスです。日本語では「焦点錯覚」とも呼ばれます。

  • 「高収入になれば幸せになれる」という思い込み
  • 「理想のパートナーを見つければ幸せになれる」という思い込み
  • 「この大学に入れば人生が成功する」という思い込み

これらの例のように、フォーカシングイリュージョンによって、私たちは特定の要因に過剰な期待を抱き、実際よりもその要因が自分の人生に与える影響を大きく見積もってしまうことがあります。

フォーカシングイリュージョンの影響

フォーカシングイリュージョンは、以下のような影響を与えます。

  • 不合理な意思決定:フォーカシングイリュージョンによって、実際よりも重要な要因を見落として、不合理な意思決定をしてしまう可能性があります。
  • 過度な期待と失望:フォーカシングイリュージョンによって、特定の要因に過度な期待を抱き、それが実現しなかったときに失望してしまうことがあります。
  • ストレスや不安:フォーカシングイリュージョンによって、特定の要因に過剰に注目し、その要因が手に入らないことへの不安やストレスを感じてしまうことがあります。

フォーカシングイリュージョンを克服するために

フォーカシングイリュージョンを克服するためには、以下の方法が有効です。

  • 視野を広げる:特定の要因だけに注目するのではなく、様々な要因を考慮して判断する。
  • 情報収集:特定の要因に関する情報だけでなく、様々な情報収集をする。
  • 客観的な視点:自分の考えや思い込みを客観的に分析する。
  • 専門家の意見:必要に応じて、専門家の意見を参考にする。

フォーカシングイリュージョンは、誰にでも起こり得る認知バイアスです。しかし、その存在を知り、克服するための方法を実践することで、より合理的な意思決定を行い、幸せな人生を送ることができるようになります。

参考URL:
フォーカシング・イリュージョン | 意思決定・信念に関する認知バイアス | 錯思コレクション100

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5