イエスセット話法とは、質問に対して相手から「はい」の返事を積み重ねることで、同意を得やすくなる心理的交渉術の一つ

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

イエスセット話法とは、質問に対して相手から「はい」の返事を積み重ねることで、同意を得やすくなる心理的交渉術の一つです。

イエスセット話法は、心理学における「一貫性の法則」に基づいています。一貫性の法則とは、人は一度行った行動や意見・信念などを一貫させたいという心理的傾向があるというものです。

イエスセット話法では、まず相手から「はい」の返事を得られるような質問をいくつかします。これらの質問は、相手にとって肯定的で、なおかつ簡単に「はい」と答えられるような内容が好ましいです。

例えば、営業のシーンで、新商品の購入を検討している顧客に対して、次のような質問を投げかけます。

  • 新商品は、今使っている商品よりも使いやすいと思いますか?
  • 新商品の機能は、あなたのニーズに合ってますか?
  • 新商品の価格は、あなたの予算内で収まりますか?

これらの質問に対して、顧客が「はい」と答えると、顧客は「新商品を購入する」という行動と「はい」と答えるという行動が一貫することになります。そのため、本命の質問である「新商品を購入してみませんか?」に対しても「はい」と答える可能性が高くなります。

イエスセット話法は、営業やマーケティングの分野でよく用いられますが、日常生活でも活用することができます。例えば、デートの誘いや、友人に何かを頼むときなどに、イエスセット話法を取り入れることで、相手からの承諾を得やすくなるかもしれません。

イエスセット話法を使う際の注意点は、相手にとって都合の悪い質問をしたり、相手を説得しようとしたりしないことが挙げられます。イエスセット話法は、相手から「はい」を引き出すためのテクニックであり、相手をコントロールするためのものではありません。

参考URL:
イエスセット話法とは?営業で成約を勝ち取るための必須テクニック | テレアポとセールスを極めるブログ

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5