(心理学者の)ザイアンス

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ロバート・ザイアンスは、1923年11月23日にポーランドのウッチで生まれ、2008年12月3日にアメリカ合衆国カリフォルニア州パロアルトで亡くなった社会心理学者です。彼は、社会的促進、単純接触効果、熟知の原則など、多くの心理学的な概念を提唱した人物として知られています。

ザイアンスは、1940年にワルシャワ大学を卒業し、1946年にアメリカに移住しました。1950年にコロンビア大学で博士号を取得し、その後はオハイオ州立大学、ミシガン大学、カリフォルニア大学バークレー校などで教鞭をとりました。

ザイアンスが提唱した「単純接触効果」とは、ある対象と接触する機会が増えるほど、その対象に対する好意や評価が高まるという心理学的な現象です。この効果は、人だけでなく、物やサービスにも適用されます。例えば、初めての食べ物は味がわからないかもしれませんが、何度か食べることでおいしく感じるようになることがあります。また、新しい製品は最初は違和感があるかもしれませんが、使い続けることで慣れて好感を持つようになることがあります。

ザイアンスの研究は、マーケティングや広告、コミュニケーションなど、さまざまな分野で応用されています。例えば、マーケティングでは、商品やサービスを繰り返し宣伝することで、消費者の購買意欲を高める効果があります。また、広告では、ポジティブなイメージを繰り返し提示することで、消費者に好感を持ってもらう効果があります。さらに、コミュニケーションでは、相手に好意を持ってもらうために、接触回数を増やしたり、共通の話題を探したりするなどの方法が有効です。

ザイアンスは、社会心理学の分野に多大な貢献をした人物であり、彼の研究は現代でも多くの人々に影響を与えています。

https://www.kcsf.co.jp/contact/zajonc.html

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5