茹でガエルの法則

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

茹でガエルの法則とは?

茹でガエルの法則(ゆでガエルのほうそく)は、組織や個人が変化や危機に対して鈍感になる傾向を表す言葉です。この法則は、ガエルを熱湯に投げ込んだ場合の反応を比喩的に表現しています。

具体的には、ガエルを冷たい水の中に置き、徐々に温度を上げていくと、ガエルは水温の上昇に鈍感になり、最終的には茹でられてしまうという話です。ガエルは急激な変化に対しては素早く反応しますが、変化がゆっくりと進行する場合には適応能力を発揮せず、結果的に危険な状況に陥るということを示しています。

この法則は、組織や個人が環境変化や問題の兆候に対して鈍感になり、重大な課題やリスクを見落とす傾向を指摘しています。人々は変化がゆっくりと進行する場合や問題が緩やかに現れる場合には、その重要性や影響を十分に認識せず、対策を講じることが遅れることがあります。

茹でガエルの法則は、組織変革やリーダーシップの文脈でしばしば引用されます。組織や個人が変化に対して敏感であり、適切な対策を講じるためには、問題やリスクの兆候を早期に捉える能力が求められます。

https://www.hrpro.co.jp/glossary_detail.php?id=189