セレクティブメモリ

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

セレクティブメモリとは?

セレクティブメモリ(Selective memory)は、情報の処理過程である記憶の一形態を指します。セレクティブメモリでは、個人が意識的または無意識的に特定の情報を優先的に取り込み、保持、回想する傾向があります。これは、情報の選択的な処理が行われることを意味します。

セレクティブメモリは、以下のような特性を持っています:

注目の焦点: 個人は膨大な情報から一部を選択し、意識の焦点を当てることがあります。注目された情報は、より高い確率で記憶され、長期的な保存や再生に影響を与えます。

関連性の重視: 個人は自身の関心事や目標に関連する情報に優先的に注意を払い、それを記憶する傾向があります。関連性の高い情報は、より容易に保持され、再生される可能性が高くなります。

感情の影響: 情報に対する感情的な意義や強さは、セレクティブメモリに影響を与えます。感情的に強く結びついた情報は、より優先的に取り込まれ、より鮮明に記憶される傾向があります。

選択的な忘却: セレクティブメモリでは、関係の薄い情報や不要な情報は、記憶から削除されることがあります。個人は必要な情報を保持しながら、無関係な情報を排除することで、情報処理の効率性を向上させます。

セレクティブメモリは、個人の情報処理や認知の限定性に関連しています。情報の選択的な取捨選択は、情報過多や認知的な負荷を管理するための重要な機能です。しかし、セレクティブメモリは完全ではなく、個人の主観的な偏りや歪みによっても影響を受けることがあります。

https://kotobank.jp/word/%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%83%BC-672038