ミュンヒハウゼン症候群とは、自分自身や他人に病気や障害を作り出し、医療機関を受診させることで、周囲の人々の関心や同情を引き出そうとする精神疾患の一種

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ミュンヒハウゼン症候群とは、自分自身や他人に病気や障害を作り出し、医療機関を受診させることで、周囲の人々の関心や同情を引き出そうとする精神疾患の一種です。

ミュンヒハウゼン症候群の人は、以下のような特徴があります。

  • 自分自身や他人に病気や障害を作り出す
  • 医療機関を受診する
  • 医療従事者に病気や障害があることを訴える
  • 病気や障害について、嘘や誇張を交えて話す

ミュンヒハウゼン症候群の原因は、さまざまに考えられます。

  • 幼少期の家庭環境や親子関係
  • 学校や職場での経験
  • 自己肯定感の低さ
  • 愛情不足
  • 自己愛性パーソナリティ障害

ミュンヒハウゼン症候群は、本人にとっても周囲の人々にとっても、大きな負担となる可能性があります。

本人は、病気や障害の治療のために、多くの時間やお金を費やすことになります。また、本人の行動によって、周囲の人々が不安や困惑、怒りを感じてしまうことがあります。

ミュンヒハウゼン症候群を治療するためには、精神科や心療内科での治療が必要です。

具体的な治療方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • カウンセリングやセラピー
  • 薬物療法

ミュンヒハウゼン症候群は、決して克服できないものではありません。

本人の強い意志と、周囲の理解と協力があれば、克服することは可能です。

ミュンヒハウゼン症候群は、18世紀にドイツの医師ヨハン・フォン・ミュンヒハウゼンが、自分の病気を誇張して語ったことから、この名前が付けられました。

ミュンヒハウゼン症候群は、大きく分けて2つのタイプに分けられます。

  • 自己誘発型ミュンヒハウゼン症候群:自分自身に病気や障害を作り出すタイプ
  • 代理ミュンヒハウゼン症候群:他人(主に自分の子ども)に病気や障害を作り出すタイプ

代理ミュンヒハウゼン症候群は、特に深刻な問題となっており、子どもの命にかかわることもあります。

参考URL:
ミュンヒハウゼン症候群┃ 精神疾患の理解と対処法 ┃ ヒロクリニック【医師監修】ミュンヒハウゼン症候群の特徴、原因、対処法を詳細に解説。ヒロクリニック心療内科が提供する専門的アドバイスで、症状への理解を深めましょう。ミュンヒハウゼン症候群┃ 精神疾患の理解と対処法 ┃ ヒロクリニック【医師監修】 | 埼玉県川口市のヒロクリニック心療内科 | ヒロクリニック | メンタル

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5