黄昏効果

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

黄昏効果とは、夕方になると人間の思考力や判断力が鈍くなるという心理学的な現象です。具体的には、夕方になると、脳内のドーパミンやアドレナリンなどの神経伝達物質の分泌が減少し、集中力や注意力が低下します。また、体内時計が夜に備えてリラックスモードに移行するため、興奮や緊張を抑制する能力も低下します。

このため、夕方になると、冷静な判断を下すのが難しくなり、感情に左右されやすくなります。また、リスクを恐れずに行動しやすくなるため、衝動的な行動に走りやすいとも言われています。

黄昏効果は、恋愛や営業など、相手の心理状態を操作する必要がある場面で利用されることがあります。例えば、恋愛においては、夕方頃に告白することで、相手の思考力や判断力が鈍っているため、OKを引き出す可能性が高くなります。また、営業においては、夕方頃に契約を締結するよう促すことで、相手の判断力を鈍らせ、契約を結んでもらいやすくなると言われています。

ただし、黄昏効果はあくまでも一時的な現象であり、必ずしも望む結果を得られるとは限りません。また、相手が黄昏効果の影響を受けていない可能性もあるため、注意が必要です。

https://www.tkk-travel.com/column/%E3%81%84%E3%81%A4%E5%91%8A%E7%99%BD%E3%81%99%E3%82%8B%EF%BC%9F%E6%81%8B%E6%84%9B%E6%88%90%E5%B0%B1%E3%81%AE%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AA%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A8/