「いわゆる」が口癖の人の心理

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

「いわゆる」は、一般的に知られている、誰もが認めるという意味の言葉です。口癖として「いわゆる」を使う人は、以下のような心理が考えられます。

自分を客観的に見せたい

「いわゆる」を使うことで、自分が言っていることは一般的に認められている、普遍的な事実であるとアピールすることができます。また、自分の意見や主張に説得力を持たせることもできます。

自分の知識や教養をアピールしたい

「いわゆる」を使うことで、自分が特定の分野について知識や教養があることをアピールすることができます。また、相手に自分の話を理解してもらいやすくすることもできます。

自分の考えを曖昧にしたい

「いわゆる」を使うことで、自分の考えを具体的に表現せずに、曖昧にすることができます。これにより、相手に自分の考えを押し付けることなく、意見を述べることができます。

具体的な例としては、以下のような場面で「いわゆる」が使われます。

  • 自分の意見や主張を述べるとき
  • 相手の理解を得るために、一般的に知られている事実を説明するとき
  • 自分の考えを曖昧にしたいとき

「いわゆる」が口癖の人は、このような心理が働いている可能性があります。

ただし、口癖は本人の意図とは関係なく、無意識に使われる場合もあります。また、口癖の使い方によって、その人の心理はさまざまに解釈することができます。

参考URL:
いわゆる,口癖