クレイク-オブライエン効果

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

クレイク-オブライエン効果とは?

「クレイク-オブライエン効果」(Craik-O'Brien Effect)は、認知心理学の用語で、情報の処理において刺激の深さや処理の難易度が記憶や認知の効果に与える影響を指します。

この効果は、1970年代にDonald M. CraikとEndel Tulvingによって提唱されました。彼らは、情報処理の深さや難易度が記憶の形成と回想に与える影響を調査しました。

具体的には、情報処理の深さや難易度が高いほど、それに関連する情報の処理やエンコーディング(記憶への記録)がより効果的に行われ、より長期的な記憶の形成につながるとされました。逆に、情報処理が浅いや容易な場合は、記憶の形成や回想の効果が低下するとされました。

クレイク-オブライエン効果は、情報処理の深さや処理の難易度が、記憶や学習、認知タスクの成績に影響を与えることを示しています。例えば、情報を意味的に処理する(例:関連する情報と結び付ける)ことや、情報の特徴や詳細に注意を払うことは、より深い処理を促し、記憶の持続性や再生性を向上させる可能性があります。

この効果は、教育や学習、広告、情報の伝達など、情報の処理や記憶を重要な要素とするさまざまな分野で応用されます。情報の処理の深さや難易度を意識して設計することで、情報の記憶や理解、情報の伝達の効果を最大化することが期待されます。

http://www.psy.ritsumei.ac.jp/~akitaoka/light4.html