集団力学、またはグループダイナミックスとは、集団における人々の思考や行動等を研究する学問領域

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

集団力学(しゅうだんりきがく)、またはグループダイナミックスとは、集団における人々の思考や行動等を研究する学問領域です。特に個々の人の行動の集合として記述できないような集団的行動がどのように発生するかをテーマとして扱います。

集団力学の研究対象は、企業や学校、スポーツチーム、政治団体、宗教団体など、さまざまな集団です。集団力学によって、集団の目標達成や意思決定、リーダーシップ、対立などの現象を理解することができます。

集団力学の研究成果は、さまざまな分野で応用されています。例えば、企業の組織開発やチームビルディング、教育現場での学習効果の向上、政治や社会における対立の解決などに活用されています。

集団力学における主な研究テーマには、以下のようなものがあります。

  • 集団の規範
  • 集団の凝集力
  • 集団の決定
  • リーダーシップ
  • 対立

集団の規範とは、集団の行動や価値観を規定する基準のことです。集団の規範は、集団の目標達成や秩序維持に重要な役割を果たします。

集団の凝集力とは、集団のメンバー同士の結びつきの強さのことです。集団の凝集力が高いほど、メンバーは集団の目標達成のために協力し合うようになります。

集団の決定とは、集団が意思決定をするプロセスのことです。集団の決定は、集団の目標達成やリーダーシップの形態に影響を与えます。

リーダーシップとは、集団を導く役割のことです。リーダーシップは、集団の目標達成や凝集力に影響を与えます。

対立とは、集団のメンバー間で意見や価値観の相違が生じることによる摩擦や緊張のことです。対立は、集団の目標達成や秩序維持にマイナスの影響を及ぼす可能性があります。

集団力学は、私たちの日常生活においても重要な役割を果たしています。例えば、家族や友人などの集団の中で、私たちは集団の規範や凝集力の影響を受けながら行動しています。また、職場や学校などの集団の中では、リーダーシップや対立などの現象が起こっています。集団力学を理解することで、私たちは集団の中でより効果的に行動することができるようになります。

参考URL:
集団力学 - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5