メイヤーの法則

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

メイヤーの法則とは?

メイヤーの法則(Meyer’s Law)は、情報デザインやユーザーインターフェースの分野で知られる原則です。この法則は、ルース・メイヤー(Ruth M. Meyer)によって提唱されました。

メイヤーの法則は、以下のように述べられます。

「ユーザーは、使い方を学ぶために必要な行動を最小限にしたいと思う。」

つまり、ユーザーは新しいシステムやインターフェースを効率的に学ぶために、最小限の認知的負荷や努力を求める傾向があるということです。

この法則は、ユーザビリティの観点から重要であり、デザインや開発の過程で考慮すべき要素となります。ユーザーが新しい製品やシステムを直感的に理解し、使い始めることができるようにするためには、情報の整理や表示の明瞭化、操作手順の簡素化などが必要です。

メイヤーの法則は、学習効率の向上やユーザビリティの向上に貢献するため、ユーザー中心のデザインや使いやすさを追求する際の重要な指針となります。この法則に従うことで、ユーザーがシステムを効果的かつ効率的に操作できるようになり、ユーザーエクスペリエンスが向上することが期待されます。

https://rururu-consultation.com/mayer/4645/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です