感情ヒューリスティック

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

感情ヒューリスティックとは、対象物に対して抱いている好きか嫌いかなどの感情によって異なった意思決定を行ってしまう思考方法のことです。

具体的には、好きなもののメリットを高く、デメリットを低く評価し、嫌いなもののメリットを低く、デメリットを高く評価する傾向があります。

例えば、好きな芸能人がおすすめする化粧品を「良い商品だ」と考え、購入を決定する。また、資格試験に挑戦したが不合格だったため、それ以来「資格試験は不要だ」と考え再チャレンジしていない。

このように、感情ヒューリスティックは、意思決定を迅速かつ簡単に行うための便利な方法ですが、その一方で、誤った判断を招く可能性もあります。

感情ヒューリスティックによる誤った判断を避けるためには、以下の点に注意が必要です。

感情に流されないように、冷静に判断する。
複数の情報源から情報を収集し、客観的に判断する。
専門家の意見を参考にする。
感情ヒューリスティックは、私たちの意思決定に大きな影響を与える思考方法です。上記の点を意識して、感情に振り回されない判断力を養うことが大切です。

https://www.sprocket.bz/blog/20220901-heuristic.html