アサーティブ・コミュニケーション

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

アサーティブ・コミュニケーションとは?

アサーティブ・コミュニケーションは、自己主張や意見の表明を効果的に行うためのコミュニケーションスタイルです。アサーティブ・コミュニケーションでは、他者との関係を尊重しながら、自分の意見や感情を明確に伝えることが重要です。

アサーティブ・コミュニケーションの特徴的な要素は以下の通りです:

直接的な表現: アサーティブな人は、はっきりと意見や要求を述べる傾向があります。彼らは曖昧さを避け、自分の意図を明確に伝えることを心がけます。

自己主張: アサーティブな人は、自分自身の権利や感情を尊重し、他人に対して自己主張することができます。彼らは自分の立場をしっかりと守り、他人に対しても同様の尊重を求めます。

非攻撃的な態度: アサーティブなコミュニケーションは、他者を攻撃することなく、建設的な対話を促します。彼らは共感的でありながら、自分の意見をしっかりと主張します。

適切な言葉遣い: アサーティブな人は、他人を尊重し、傷つけない言葉遣いを心がけます。彼らは穏やかなトーンで話し、相手の意見や感情にも配慮します。

アサーティブ・コミュニケーションの目的は、自己表現や意見の主張を効果的に行いながら、他者との関係を良好に保つことです。このスタイルは、自己効力感を高め、相互理解を促進するために役立ちます。

https://www.recruit-ms.co.jp/glossary/dtl/0000000202/

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5