スタンレー・ホール

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

スタンレー・ホールは、19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍したアメリカ合衆国の心理学者です。心理学が哲学から独立した学問として歩み始めた頃、神学、哲学を経て、新しい実験心理学を学び、後に隆盛をみせる発達心理学のアメリカでのパイオニアとなった人物です。

ホールは、1844年にアメリカのマサチューセッツ州の農家に生まれました。ウィリアム大学を卒業後、遊学計画が資金不足で頓挫し、母親の願いに従って1年間ニューヨークで神学を学びます。その後、ヴィルヘルム・ヴントの『生理学的心理学綱要』に触発されて心理学を志し、1878年にハーヴァード大学のウィリアム・ジェームズの下でアメリカで最初の心理学の博士号(学位)を取得しました。

ホールは、1883年にクラーク大学に心理学教授として招聘され、1889年にアメリカ心理学会の創設に尽力しました。また、1891年にアメリカ心理学会誌「Psychological Review」を創刊し、編集長を務めました。

ホールは、発達心理学において、子供は大人になる過程で、幼児期、学童期、青年期、成人期、老年期という5つの発達段階を経験すると提唱しました。また、青年期は「嵐と情熱の時代」であり、自我の確立と社会化の葛藤を経験する時期であるとしました。

ホールは、教育心理学においても、子供の個性を尊重し、子供の興味や関心に合わせて教育を行うべきであると主張しました。また、子供に自由を与え、自発的な学習を促すことが重要であるとしました。

ホールは、アメリカ心理学の発展に大きく貢献した人物であり、その功績は高く評価されています。

具体的な功績としては、以下のようなものが挙げられます。

  • アメリカで最初の心理学博士号を取得し、アメリカ心理学会の創設に尽力した。
  • 発達心理学において、子供の発達段階を5つに区分し、青年期を「嵐と情熱の時代」と名付けた。
  • 教育心理学において、子供の個性を尊重し、自由を与えることが重要であると主張した。

ホールの功績は、現代の心理学や教育学にも大きな影響を与えています。

参考URL:
スタンレー・ホール - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5